« どっちが好き?実験 その1 | トップページ | 気長に結果待ち »

2015年12月20日 (日)

どっちが好き?実験 その2

ねぇ、ヘリオスくん

2015dec1827_helios
長靴らぶ。。。って事はわかったわ

じゃ、サンタブーツだけだったら。。。

君は、いちごが苦手だったから、赤い色に興味がないの?

教えて!

2015dec1828_helios
振り向くヘリオス。。。

2015dec1831_helios
近寄る

2015dec1832_helios
あっ! いきなり! いっちゃった!

2015dec1833_helios
引きずり込まれ。。。

2015dec1834_helios
倒れ込むサンタブーツ

2015dec1835_helios
無残にも。。。重傷crying 痛そう。。。


色の問題でもなく。。。結局は目の前のものすべてに噛みつくヘリオス(長靴が一番みたいだけど)

どっちが好き? でもなく、どっちでもいい。。。か?(笑)

普通のモリイシガメなら、新しいものや見慣れないものが目の前にあれば、警戒したり、調べたりするものだけど。。。

即行動タイプなのね。。。君は!

2015dec1836_helios_2
こやつを思慮深く、そして知的なオトナとして教育するには、どうあるべきか? 真剣に悩むY’sですsweat02

ほんま、どないしよsweat02sweat02sweat02(笑)

|

« どっちが好き?実験 その1 | トップページ | 気長に結果待ち »

TURTLE&TORTOISE (カメ)」カテゴリの記事

コメント

Ysさん、おはようございます。
ようやく寒くなりましたね。
サンタの靴食べてますね。笑
相当な強欲の御仁と見える。笑笑笑
10℃以下でもこんな感じなんですか?
寒さに強いんですね。
ひとつ質問なんですが、このような不安定な気候により、一旦寒くなってまた暖かい日があったりして、なかなかモリイシが眠ってくれない場合、無駄に体力を消耗しちゃいますよね。
我が家でもベランダにて遮光して、アルミシートで包んだ容器で中の温度が気候に左右されにくい状態で暗く冷たく管理しておりますが、つい一週間前は気温が20℃以上になり、中の水温も13℃まで上がりました。
すると一旦寝ていた我が家のモリイシが「春か?」と思ったらしく、容器をよじ登り蓋から頭を出していたんですね。
非常に不安だけど、こいつらは全ミズガメの中でも最も北に生息し、大変寒さに強いだけに中途半端な寒さなんかいともしないんですよね。
しかし、さすがにメリハリをつけて冷やしてやらないといけないから結構心配もしています。
きっと野生では寒い時期は湖底や川底の気温変化があまりないところで春まで邪魔されずに眠っているのでしょうが、飼育下ではなかなかそのような環境を用意できませんよね。
もう20年近くモリイシを飼育されてらっしゃるYsさんはこれまで冬季の管理で気づかれたこと、注意すべき点などあるかと思います。どうかアドバイスを頂ければ幸いです。m(_ _)m

投稿: ループ | 2015年12月21日 (月) 08時30分

ループさま

屋内飼育をしている時は、冬眠をさせずにいましたが、春の繁殖も可能でした。。。冬眠って何?と考えた時があり、
*食事を抜く事
*眠る事
そんな事なのかなと漠然と思っていましたが、屋外飼育に変更してわかった事は、気温が低下すれば、食べなくなる。。。食べなくなれば、体力温存のため行動範囲が狭くなり、少なくなる。これは、自然に起こることで、故意に冬眠させる事ではないという事に気づきました。
モリイシガメは確かに北米やカナダの寒い地域に生息していますが、カメ本体も凍ってしまう場所で冬眠するはずもなく、その日の気温によって少しずつ移動していると思います。
生後1年未満のベビーはまだ体力がありませんが、それ以後の個体なら、日本の四季にも順応しているので、日々の温度変化でも十分適応でき、それほど寒くなくても冬眠をしている事になると思います。
うちは”自然”におまかせしています。

冬の注意点は。。。
とろ舟などの水量を多くする、または深くする。
表面に薄氷が張る時期になるとぐんと冷えますので、水全体がかちかちに凍って、モリ本体も氷の彫刻にならないようにたっぷりの水量をキープするって事でしょうか?

こんなとこでしょうか? 
私はアバウト飼育派なので、参考になるかどうかは???(汗)

投稿: Ys | 2015年12月21日 (月) 15時49分

いやあ、わたくしもアバウトな性格なので。(^◇^;)
だからこそ、我が家の個体にとっては初めての無加温越冬なので基本だけはおさえて失敗しないようにしたいと思い…。
我が家のモリイシは現在2歳で、昨年はまだ小さかったおかげで加温越冬させましたが、今年は春~夏~秋を経てほぼアダルトサイズになりましたので今季から無加温です。

なるほど、Ysさんのご説明は良くわかります。
あんまり、こちらが気揉みしないことが大事ですね。
我が家は12月の始めから発砲スチロールの箱にアルミシートを貼り、水を15cmほど入れて管理しています。
手足を使わず首だけ伸ばして息が出来るぐらいがいいのかな?と思いましたが、深さはもっととった方がよいのでしょうか?
水温はデジタル水温計で毎朝毎夕モニタリングしています。発砲スチロール&アルミシートのおかげか、ここ数日は8.5〜9.0℃と安定して低水温です。
モリイシも始終ジッとしています。
我が家はマンションなので、Ysさんのように庭飼育に憧れます。(^-^)
やっぱり、泥んこになり、ミミズやダンゴムシ、木の実などを食べて育てるのがベストですね。
地面の気温というのもベランダと違い、自然です。

投稿: ループ | 2015年12月21日 (月) 18時57分

ループさま

アバウトどころか綿密なプラン派ですねnote
うちはモリ大グループなので、ほっちゃらかしで、強い子だけが生き残りなさい!スタイルです(笑)ほっちゃらかしても元気なので、そこがモリを長年アバウト飼育できる理由かと思います。
発泡にアルミのケースでしたら、北風による水凍結もほとんどないようですし、地面に置いているわけでもないので、水面全体が凍って息継ぎができない。。。事もなさそうですね。水深は今のままで大丈夫かと思います。
様子を見て、水面に氷が張るようでしたら、少し水量を多くするのが良いと思います。

初めての冬眠はやはり気をつかいますが、あまり神経質にならずに自然にまかせ、毎日、楽しんで観察してみてくださいup

投稿: Ys | 2015年12月22日 (火) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582137/62900517

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが好き?実験 その2:

« どっちが好き?実験 その1 | トップページ | 気長に結果待ち »